Nullable<T>

IntelliJでSpringBootを始める

February 05, 2019

Create New Project

トップ画面(プロジェクトを選択する画面)にて、 Create New Project を選択する。

Spring Initializer

ScreenShot2

左側の一覧から Spring Initializer を選択し、 NEXT

Web

ScreenShot3

Dependencies の選択画面にて、左側の一覧から Web を選択する。 コレを選択しないと @RequestMapping@GetMapping のアノテーションが使えない。

選択したら、NEXT

Project Settings

ScreenShot4

  • Use auto-import
  • Create directories for empty content roots directory

上記の二つと

  • Use gradle 'wrapper' task configuration

の合計3つをチェックして、 NEXT

Sync

ScreenShot5

一通り設定すると、Sync が始まり、終わるとこのような画面になる。

Application.java

ScreenShot6

src > main > java 配下に適当なパッケージを作成し、その中に Application.java を作成する。

package ikeryo1182.com.demo;

import org.springframework.boot.SpringApplication;
import org.springframework.boot.autoconfigure.SpringBootApplication;

@SpringBootApplication
public class Application {
    public static void main(String[] args) {
        SpringApplication.run(Application.class, args);
    }
}

HelloController.java

ScreenShot7

src > main > java > 任意のパッケージ > controller 配下に HelloController.java を作成する

package ikeryo1182.com.demo.controller;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMethod;

@Controller
@RequestMapping("/")
public class HelloController {
    @RequestMapping(method = RequestMethod.GET)
    public String getHello() {
        return "HelloWorld";
    }
}

実行

コマンドの場合は以下を実行

$ ./gradlew bootRun

IntelliJのGUI上でRunしてもOK。

確認

CURL で確認する場合は以下を実行

curl -X GET http://localhost:8080

ブラウザで http://localhost:8080 を開いても良い。

おわりに

Dependencies の選択画面で Lombok とかも入れてしまえばすぐに開発始められる


Written by Ryo @neer_chan

© 2018-2020 Nullable<T>